中途採用情報

社員紹介

採用情報 > 中途採用情報 > 社員紹介 > Megumi.Y

Megumi.Y

マーケティング統括部シニアリーダー
プランニングチームマネージャー

2016年入社

Megumi.Y

profile

東京理科大学理工学部卒業後、リクルートへ入社。SUUMO等の住宅事業、ローカル領域やフラッシュマーケティング、ヘルスケア等の新規サービスの立上げを経験。その後、アイペットへ入社。ペットとの共生環境を向上しながらペット保険を普及させるため、他社との提携を数多く仕掛けている。

interview

――リクルートで10年にわたり勤務し、主に営業として活躍していましたね。転職を考えた理由と、その中でもアイペットを選んだ理由を教えてください。

リクルートには営業希望で入社し、営業力を含め多様なスキルを身につけるという点では学ぶことは多かったと思っています。いろんな部署で仕事を任せてもらっていましたが、私が本当に興味ある分野には一度も携わったことがありませんでした。そんな中、年々興味のある分野や、もっと社会貢献性の高いことに携わりたいと思うようになり、転職を決意しました。その際、改めて興味のあることを考えてみたら「ペット」を思いつき、調べていたらアイペットのことを知ったんですね。正直、保険にはあまり興味がなかったんですが、ワンちゃんと暮らす中で、ペットはマーケットとして大きな可能性があるのも感じていましたし、コンテンツとしての魅力も高いため、いろんなことに取り組んで開拓する余地は多いかなとも思い、アイペットを選びました。

――入社後は、マーケティング部門に配属となりましたが、実際に働いてみて、マーケットについてどのような見解をお持ちになりましたか。

まず感じたのが、こんなに魅力のあるマーケットなのに、本格的に着手している大手企業が少なく、未開拓な要素が多いということです。ペットが家族化しており、関連商材・サービスも人並みになっている事をふまえると経済効果は大きいはずです。事実、ペットの飼い主にアプローチしたい大手企業は存在しています。なぜ未開拓なのか?それは、誰がペットを飼っているかという情報はなかなか入手しづらく、アプローチしにくいという背景があります。アイペットはペット愛の強い多くのお客さまに加入いただいており、傷病データやペット年齢等、非常に価値の高い情報を持っていると言えます。この情報をうまく活用すれば、企業とマッチングし、新たなサービスを生み出し、新規お客さまの獲得やお客さま満足度を高めることにも繋がります。ペットという切り口はとても面白く、例えば、車や旅行、住宅、カメラ等、様々な業界との協業も可能なので、街中の広告を見ながら「この会社とこんな取組みができそうだな」と次々にアイデアが浮かんでくるのが私にとって楽しいです。

部署のミッションは、新規開拓をはじめ企画や業務の効率化、契約継続率アップなので、最終的にはそことどう結びつくか?も考えながら協業プランを模索しています。

――ペット×●●など、なかなか想像しにくい部分でもあると思いますが、なぜ他の業界がペットの飼い主にアプローチしたいのでしょう。

先程もふれましたが、ペットは家族という考えが当たり前になっており、「旅行も一緒に連れていく」「泊まれるホテルはエリアが限られるので、キャンピングカーを買おう」という流れで、ペットありきで何かを選ぶようになってきています。ペットと一緒に宿泊できるホテルや旅館も増えていますが、ホテル・住宅業界はペットの飼い主の情報を持っていません。まずそこが、アイペットとのマッチングが図れるポイントになります。今回、大手カメラメーカーとアイペット主催の「ペットの写真投稿企画」を開催するに当たり、コラボさせていただきました。子どもの数が年々減少している今、同様の存在である「ペット」は、新たなターゲットなんです。今回の企画は、アイペットとしても非常に価値が高いコラボとなりました。

――保険業界というと、一般的に堅いイメージがあるかと思いますが、アイペットではどのように感じていますか。

金融・保険業なので制約は強い方だと思います。ただ、その制約の中でもチャレンジできる事はたくさんありますし、ペットはコンテンツとしても魅力が高いので視点を変えればチャンスが眠っていると考えています。とはいえ、何でもOKかというとそうではありません。自分への抑制も含め、ルールは決めています。例えば、アイペットから大事なお客さまデータの開示が必要な協業はしていませんし、お客さまに有益ではない取組みは絶対にしません。「アイペットに入っていて良かった」が根幹にあるべきなので、一方的にセールスの要素が強くならないように気を付けています。また、この協業企業探しは、あくまで個人的にやりたいと思い行っているので、最終的には部署のミッションに繋がるよう心がけています。引き続き、ビジネスチャンスがあると思っていますので、積極的に動きたいですね。自分のやりたい仕事もチャレンジさせてくれる、そういう点もアイペットの魅力だと思います。

――最後に、どんな人がアイペットにマッチすると思いますか。やはり、ペット好きだと合うのでしょうか。

ペット好きというのは必須ではありません。ペット愛が強すぎる人たちだけの組織よりも、いろんな考えの人がいた方がうまくいくと思っています。私はペットが大好きですが、世の中にはペットを好きでも嫌いでもないという方も多くいます。そういう立場・考え方を理解してアプローチを考えることも大事なことです。
ペットの市場は毎年伸びており、大きな可能性を秘めています。むしろ、可能性しかありません。自分次第でどんなことでもできます。もしアイペットに興味を持ちご入社いただけたなら、この選択は正解だったと言えるように、可能性を信じチャレンジをし続けてほしいなと思います。

  • Atsuko.Y
  • Keisuke.Y
  • Megumi.Y
  • Hirohiko.K
  • Ruka.O
  • Kazuki.M

アイペットで働くことにご興味のある方はこちらからご応募ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加